NEW DOGEYES

世田谷区上用賀にある英国車専門店 “パルクフェルメ” のオフィシャルブログ

ジャガーMk2今昔物語

f:id:parc-ferme:20210903195311j:plain

 

クラシックカーを扱うようになって長いですが、ジャガーMk2は意外と取扱台数が少なくて、全部で5台ほど。しかも良い思い出よりは苦い思い出しか残っていないのです。

初めて扱ったのは今から34年くらい昔、イギリスから輸入した3.8LのATで、ゴールデンサンドって洒落た色の綺麗な個体でしたが、オーバーヒートに悩まされ続け、納車してもトラブルばかり。

部品も今のように買えないし、簡単に揃わなかったからそれはそれは苦労しました。

次のもイギリスから来た3.8Lで白、やっぱりオーバーヒートに悩まされ続け、エンジンのかかりが悪くて何度も引き取りに行きました。今みたいに積載車のない時代にミニで牽引ロープで引っ張るも、当たり前のようにサブフレームを曲げる失態。。。などなど

後の数台も何をやってもオーバーヒートは避けられなかったし、エンジン掛からないし苦い思い出でしかない、ジャガー Mk2って自分的には苦労の塊みたいなクラシックカーでした。

 

あれから随分と時間が経ち、今の部品と対策でその印象は一変します。

スターターモーターは強力でエンジン一発だし、発電も問題なし。

電動ファンも強力で80度になると勝手にスイッチが入る。

普段乗っても普通に乗れちゃう、こんなクラシックカーに昔は出来なかったなぁ〜

 

ちゃんと普通に乗れるJaguar Mk2をやっと扱えて幸せ、そして感謝です。

悪い印象で一生終えなくてよかった。

馬には乗ってみろともうしますが、良い馬がいいよね。

 

里親募集のBig Cat、Now on saleです。